toggle
2016-07-16

趣味だからではなく。私が副業をしているのは・・・

Pocket

こんにちは。
お花モチーフとお肌に優しい手紡ぎ毛糸の手編み作り人、まどかです。

時々書いてる私の副業。
PCで図面を書くCADオペという仕事しています。
私の副業先ってまあ大きい企業なので副業呼ばわりされるのはイヤなんでしょうけど。

数年前まで、在宅で副業(別会社)しつつ本業の製作をしていました。
副業で普通にお勤めに出ると決めたとき、
「編み物やめるの?」って聞かれること多かったし、そう思い込んでる方も多かった。
まあ普通に考えると、本業=お勤めをしつつ副業=作り物の生活から
シフトチェンジして本業=作り物という生活に切り替える人が多い中、
私は逆行したのですから。

私も本業=作り物だけで生活したいと思ってます。
でも作り物って先に材料費がかかるのです。
しかも、私の場合冬物なので夏場はほぼ製作期間。
となると、ちょっと経済上不安定すぎて・・・

それに時々外出するとはいえ、ずーっとひきこもって1人で製作してると行き詰るというか孤独というか。
ものすごく波に乗っているときはいいけど、ちょっと気分が落ちると恐ろしいぐらいとことん落ち込んで。
視野も世界も狭くなっちゃって。

在宅のお仕事をして5年ぐらいたって、息が詰まって。
自由なのに自由じゃない!
で、ちょうどそのときに以前お世話になっていた会社から「また働かない?」って声掛けていただいて。
それが今の副業先。
去年の9~11月に製作に没頭するため一度副業辞めたのですが、
作品展終わるのを待って、戻してくれました。

戻って気がついたのは、やっぱり外に出るっていい!ということ。
時間が限られるから製作数が落ちるのですが、
生活にメリハリがあって、製作に没頭できて。
いつも時間がほしい~、コピーロボットが3体ぐらいほしい~って思ってますけどね。

作り物の世界って女性が多い。
だから外出しても女性がほとんどで、会話するのも女性。
一方職場ってやっぱり男性社会で、職場の9割が男性。
お昼は女性とお話するけど、仕事中は男性としか話さないことが多く。

これがいいバランスをもたらすのです。
チヤホヤという言葉だと御幣があるのですが、
(媚を売ったりとか、甘やかされたり、特別扱いされたりとかではないので)
女性からと男性からでは違います。
だからこそ、生活にメリハリがつくというか、
スイッチの切り替えがしやすい。
まあ、時には「イラっ」とすることありますけど・・・

Wワークしている人って作り物の人に多いのですが、
それは作り物が趣味だからではなく、
それぞれに理由があるのです。
このチヤホヤ論を作り物の先輩から聞いたとき、なるほど~って納得したので、
たぶんWワークしている人の中には共感してくれる人がいるんじゃないかな~。

突然、こんな話をなぜしたのかというと、
今年の冬の動きが決まり、更に追加予定が入りそうな動きもあって
副業との兼ね合いを考える時期になってきたのです。

いいバランスだけど、自分の本業がどれなのか。
どれが自分にとって重要なのか。
損得とか、感情とかぜーんぶ抜いて考えると
もう答えは出てるんですけどね。

Pocket

関連記事