toggle
2017-05-11

仕事として。自由だけど自由じゃない。

Pocket

こんにちは。
白・ピンク大好き!
お花モチーフをたくさん使った軽くて暖かいニットを製作している手編み作り人、まどかです。

2011年にお勤め辞めちゃって、個人事業主として生活することにしたのですが。
というところで昨日は終えました。
仕事として。私の仕事の仕方。

通勤しなくていいし、納期さえ守れば時間を自由にできる。
日中外出して夜中に仕事することもできる。
でもそうなるとそうなったでメリハリがなくなり、
人との繋がりも限られ、
作らないと~、売らないと~ってなり、
在宅の仕事もいつでも対応してくれるとばかりに無茶振りが多くなってきて、
自由だけど自由じゃなくなって・・・

「いい趣味ね~」と言われるたびに
「趣味じゃないもん」「本業だもん」ってカリカリしていたのは、
仕事としてやっていきたいのに、現実はなかなか上手くいかなかったから。(努力もたりなかった)

承認欲求が大きいから、ちょっとぐらいの売り上げや「素敵ですね」の言葉だけでは満足できず。
もっと上に、もっともっと上に。
私を見て~、私はここにいるよ~。
がんばってるでしょ、すごいでしょ~。
ってね、もがいてた。
今思うとウザイよね。
中身伴ってないくせに。

3年くらいそんな生活をしてたけど、
ふっと「お勤めに出ようかな~」って思ったときに、
「今仕事何してるの?会社戻ってこない?」と連絡もらって。

ここがタイミングだな~とお勤めにでることにしたのが2014年。
作品展終了後でした。

作品展に来てくれた私が目標としている某クリエイターさんが言った
「作り物では女の人にチヤホヤされるけど、仕事では男の人にチヤホヤされる。女性のチヤホヤと男性のチヤホヤ、両方あって今バランスいいの」って言葉がド~ンと響いたのよね。
この言葉を実感するのはちょっと後だけど・・・

【仕事として。シリーズ】
仕事として。私の仕事の仕方。

Pocket

関連記事