toggle
2017-05-12

仕事として。2足のわらじ生活。

Pocket

こんにちは。
白・ピンク大好き!
お花モチーフをたくさん使った軽くて暖かいニットを製作している手編み作り人、まどかです。

仕事について悩み考え、頭の中を整理させるのに書き始めたらシリーズになっちゃいました。
昨日はお勤めに出ることを決めたところまで。
仕事として。自由だけど自由じゃない。

2014年、作品展終了後に数年ぶりにお勤めにでて。
私としてはニットが本業で、お勤めが副業。
製作時間が少なくなるけど、もっとがんばるよ!って気持ちだった。

だけど、お客様の中には、「もう編み物辞めちゃうのね」って言う方がいて。
いやいや、辞めませんから~って説明しても理解してもらえず。
なんでお勤めをしていると、作り物は趣味だと思うのだろう・・・
ちょっとモヤっとしながら2足のわらじ生活。

職場でちょっと理不尽なことがあっても、
別にここは副業だし、生活費を稼ぐだけって気楽になれたし
仕事することも嫌いじゃないし、多少の不満も見なかったことにして過ごすことができたけど、
もともとの私の仕事の仕方とか上昇志向の強いところとか、
本業もきちんと製作して、きちんと売り上げも作ってなどなど、
いろんなこと考えすぎて、自分の中で適度に折り合いをつけれずにいた。

結果、睡眠障害のようになって、全然眠れないし、
寝ても眠りが浅くて寝てるのか起きてるのか分からない状態だったり。
睡眠不足でフラフラしてて、あの時の願いは「1週間何もしないで寝てすごしたい」だったし。

あと、3年近くも平日の日中に外出してランチ行ったり、
お茶したり、セミナー行ったり、
自由だけど自由じゃないって思ってたけど、
週5日間時間を拘束されるって不自由だな~って思って。

お勤めに出ると決めたときから
作品展の準備もあるから秋前に一度辞めようって決めていたので、
契約終了が待ち遠しくて。

だけど、出勤最終日が近づくにつれて、
やっぱり仕事するの好きだな~って思うのですよ。
作品展終わったら、すぐお勤めに出よう。
仕事探そうって思って。
まだこのときはチヤホヤ論の実感はなく・・・

で、2015年の8月末にお勤め辞めて。
年明けからお勤めできるように仕事探そうって思ってたんだけどね、
仕事探す前にっていうか、辞めて1ヶ月経つか経たないかで
「用事が終わったら戻ってきて」って職場から連絡いただいた。
「ありがたく、戻らせていただきます!」ということで、
12月の2週目からまた2足のわらじ生活に。

【仕事として。シリーズ】
仕事として。私の仕事の仕方。
仕事として。自由だけど自由じゃない。

Pocket

関連記事