toggle
2017-12-16

だって私、かわいいんだもん!

Pocket

こんばんは。
白・ピンク大好き!
お花モチーフをたくさん使った軽くて暖かいニットを製作している手編み作り人、まどかです。

最近、ピンクのカリスマ、パー子さんCMにでてますね。
改めて見ると、パー子さんの全身ピンクはやっぱりすごいな~と思います。

それに全身ピンクでいつも笑ってるでしょ。幸せそうですよね。
ピンクって幸せな気持ち、優しい気持ちになるって心理効果があるらしいので、笑っていることでさらに幸せそうな印象を与えるのかな。
幸せだから笑っているのか、笑っているから幸せなのか。
鶏が先か卵が先か的な話なのかもしれなけど、まあ相乗効果なのかなって最近思うようになりました。

私、冬の衣類はピンク少ないのですけど、小物はピンク多いです。

手帳に、ボールペン、ハンカチ、ブックカバー、マイボトル(ミッフィーも好きです)
写真にはないけど、通勤時に使っているバッグもピンクだし、家のカーテンもピンク。
私の周りでは、私=ピンクという認識が広まってきて、優しいピンクでかわいい物を持っている、可愛らしいという印象をもたれることが増えました。
特にここ数ヶ月「かわいいね~」って言われること増えました。
そういえば最近、毎日笑ってて楽しいんですよ。
仕事しているときは難しい顔してますけど、誰かと話しているときとか打ち合わせしているときとか笑ってる。
これって確実にピンクのイメージ効果と笑顔効果なんじゃないかと・・・

私の作品を好んでくださる方はやっぱりピンク好きな方が多くて、作品展などでお会いすると「ピンク好きなんです!」ってお声かけてくださいます。
でも時々、「ピンク好きなんだけど、年齢的にもうピンクはねー」とか「ピンクはかわいすぎて・・・」なんて声も。

なんで~。年関係ないし!
女性はいくつになってもかわいいの!
だからかわいすぎるってことは無いです。
勝手に自分で年齢のせいにしたり、限界つくったりしないで~。
ピンクと言っても淡いピンクもあれば濃いショッキングピンクもあり、青系のピンクがあれば黄色系のピンクがあったり、優しいピンクから派手なピンク、大人しいピンクといろんなピンクがあります。
だからね、ピンクが好きなら使いましょう。ピンクの服身につけましょう。ピンクの小物持ちましょう。
だって私、かわいいんだもん!
それでいいじゃない。

ピンクを身につけて、鏡の前でにっこり「私、かわいい!」って言ってみてください。
毎日言ってるうちに、肌つや良くなりますよ。

ピンクは幸せな気分にし、血行をよくして肌の潤いを保ってくれる効果があると言われているので、女性の大きな味方なんです。
明日は、ピンクの色の効果についてちょっと書いてみたいと思います。
きっと「ピンク取り入れようかな」って思うはず。

こう書いている私も以前は、「私かわいくないし」「え?見え透いたお世辞?」ってひねくれてました。
でも、「ピンクすきなの~」って公言し、かわいいって言われるたびに「ありがとう」って言うようになったら相手の言葉を素直に受け取ることができるようになって。
もともと肌状態はいい方なのですが、乾燥で喉がイガイガすることがあっても、お肌はいい感じです。
なので、ピンク効果お薦めします。

さあ、「だって私、かわいいんだもん!」って言ってピンク身につけましょう。

だって、あなた、とっても可愛いですよ!

関連記事
ピンクで素敵女子になろう!

Pocket

関連記事