編み物のあれこれ

ワンポイントアドバイス!「ゲージについて」

更新日:

Pocket

こんにちは。
白・ピンク大好き!
お花モチーフをたくさん使った軽くて暖かいニットを製作している手編み作り人、まどかです。

春ですね~。
北海道も暖かくなってきて歩道も路面が出て歩きやすくなりました。
雪解けで泥はね注意ですけど。

妄想プロジェクトもバラストールも製作中ですが、
途中にちょっとお問い合わせいただいてるもののゲージを編んで。
そういえば最近「ゲージ通りに編んでも完成品のサイズがちがう」って内容の呟きを目にすることが多くて。
以前お客様にも質問されたことがあるので、
ゲージについてワンポイントアドバイス。

ゲージは編んだら必ず洗う(水通しする)!

完成した時はサイズがあっていたのに、洗濯したらのびた・・・っていう話を聞いたことがあって。
私も若い頃経験あります。
ゲージでサイズ確認して編んだのになんで~ってこと。

ここから写真を入れながら説明しますね。

ゲージは10cm以上の大きさを編みます。
さらに、模様編みの場合はきちんと模様編みします。


ゲージ編みあがり。



この時点では横約20.5cm、縦約14.5cm


セーターなどのニットを洗うときと同じようにお洒落着洗剤を少し入れて洗います。
洗わずにスチームアイロンをあてるって方法もあるけど、私は面倒でも洗うことをお薦めします。



乾かして採寸すると、横約24cm、縦約15cm
横が4cmも大きくなった。
でも、のびた訳じゃないの。
編み目がぎゅってなっていたのが、洗う(水通しする)ことで編み目が落ち着くのです。
この状態でゲージをとると完成品のサイズが違うという問題が解決されると思います。

ただ、サイズが大きくなると重みで編み目がのびる場合があるので、その辺は使用する毛糸やデザインによって多少の調整が必要になりますけど、「そんなときはこうします!」と一概にいえなくて。
編み物も数々の失敗と経験の積み重ねですね。
私もまだまだ経験の積み重ね中です。

Pocket

-編み物のあれこれ
-, , , , , ,

Copyright© お花モチーフの手編みニット 日花香 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.