イベント・作品展

酉の市に来たかったの!東京旅ものがたり~2018 4日目

投稿日:

Pocket

こんにちは。
白・ピンク大好き!
お花モチーフをたくさん使った軽くて暖かいニットを製作している手編み作り人、madokaです。

東京旅ものがたり~2018 3日目から日数が開いてしまいました。
年内に書き終わりたい。
ということで4日目です。

東京4日目の25日は酉の市の日で。
私、今年の東京の日程をこの期間に決めた理由が酉の市だったの。
2年前に鳳神社には行ったのだけど、テレビで見る酉の市を見てみたくて。
見て、体験するだけなら混んでいる時間のほうがいいのだけど、
せっかく行くのだから熊手を買いたくて。
でも、混んでたらきっと買えない・・
ということで朝早くに行ってきました。

まだ月が綺麗な時間
さすがにこんな朝早いから人が少なかった

5時前に起きて、出かける用意して。
朝5時半過ぎ、まだ外は真っ暗で、鳳神社の提灯が明るかった。
そして、さすがにこんな時間は人が少なくて、営業しているお店も少なかったけど、初参加の私にはちょうどよかったです。
だって、あまりにもお店の数が多くてどこで買っていいか分からないし、
人が多いと負けて選ぶことも買うこともできないし。
(私、バーゲンとかの人だかりが苦手なんです。)

見てると華やかだし、大きな熊手って金ぴかで立派で、有名人の札がたくさんあって。それぞれのお店のお得意様なんですね。
そしてその有名人が購入しているお店になんとなく惹かれてふらふら~って近寄ってしまうわけですよ。(やっぱり人が多かった)
でも、よくわからない私は、親切に声をかけてくれて説明してくれたお兄さんのお店で購入。
小さな熊手なのに1本締めしてくれました。
あっ、ここで購入した熊手は私のではなくて弟の会社の分。
弟は自分でお仕事しているので。
「携帯で動画を撮って弟さんに送ったらどうですか?」ってお兄さんが言ってくれて。

そのお店を後にして、でも自分の分も欲しくて。
さらに自分の分は小さくても金ぴかの熊手がほし~いって思ったので、
いろいろ店をみて「あっ!」って思う熊手発見。
しかもタイミングよくここもお兄さんが声かけてくれていろいろ説明してくれました。

粋な購入の仕方って、値切り交渉して、お支払いの時に値切る前の金額を払うらしいのです。(値切った分はお店へのご祝儀ということになるみたい)
でも、私が購入するのって小さいし(ってことは金額も小さいし)
そもそも北海道って値切り文化ないんです。
だから値切るってどうしたらいいか分からないの。

もう少し大きいのにしようかな~って思ったけど、熊手は最初は小さく、少しずつ大きくしていくものだっていうので、小さい小さい熊手購入しました。

大きいほうが弟の会社用、小さいのが私の。
こうみたら弟の分が大きく見えるけど、お店で一番小さい熊手です。

6:30すぎ。空が明るくなりました。

鳳神社を出てホテルに向かう頃には空が明るくなり、外を歩いている人がちらほら。
今日はお天気になりそうって感じの空です。
あっ、歩いている間は熊手はちゃんと上にあげて持ってましたよ。
小さいからコツコツとかき集めないとね~。

今度はもう少し人が多い時間に行って酉の市の活気を体感したいです。
そして少し大きい熊手買う!

すみだ川とスカイツリー

はい、いいお天気です。
東京作品展3日目=最終日
夕方には片づけて荷物発送するので、最終日って何気に時間を気にしてすごします。
そして3日間あっという間に終わり、恒例の夢のあと

作品展恒例 夢のあと

そしてこれの恒例の最終日の夜は大黒家さんの天丼を。

大黒家さんの天丼

ブレーメンハウスのオーナーさんが大黒家さんのおかみさんなので、
この日は酉の市でお店もお客様が多かったのですが、予約席として席を取っておいてくださいました。
おかげで美味しく味わってくることができました。
おなか一杯になった後は、夜の浅草寺を。

夜の浅草寺
この提灯、つい下から見上げてしまいます。
夜の五重塔
夜の二天門

3日間の作品展を終わり、今年も新たな出会いをいただきました。
作品展の報告というより旅行日記状態ですが、
東京で楽しい時間を過ごすというのも活力の1つです。

さあ、5日目は東京最終日。
最後まで楽しみました。

Pocket

-イベント・作品展
-,

Copyright© お花モチーフの手編みニット 日花香 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.